写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_20170204201220d04.jpg
 ひさしぶりに、頂き物のNikon D90 を使いました。
少し前に、液晶のカバーを自分で交換し、不具合なしになりました。
2008年9月発売の1200万画素機ですが、未だに中古で人気がある機種です。

 とてもバランスの良いカメラで、シャッター音が心地よい音がします。
また、各スイッチも節度があり、使っていて気持ちよいものです。

 レンズは、 Nikon AF NIKKOR 28-105mm F3.5-4.5D で、
前球にキズがあったので、5000円で落札したものです。
マクロも使えるので、重宝しています。

 交換レンズの前玉のキズは、少しくらいなら、撮影に支障はありません。
逆光で、多少、フレアが多いくらいです。
後玉のキズは、CMOSの近くなので、影響は大きいです。

 写りは、やはりコンデジとは別物ですね!
愛犬アトムとのお散歩がほとんどなので、いつもコンデジを使いますが、
CMOS(CCD)とレンズの大きさは、どんなに技術が進んでも、
カバーは出来ないと感じます。

 

02_2017020420122175c.jpg
 今週も、アトムのダイエットのため、稲毛海浜公園に行きました。
まだまだ、菜の花が満開です!

 同じ様なショットを10~20枚撮ります。
アトムの表情は、刻々と変化しますので、コンマ数秒後は、全く別の表情になってしまいます。

 D90は、素早く撮れて、気持ちよかったです。



03_201702042012235c5.jpg
 もう、梅が満開です。
ボケの量は、絞りとシャッタースピードのシフトで調整しますが、
私は、撮影対象までの距離で調節しています。

 ボケが大きかったら、撮影対象に近づき、小さかったら、離れます。 
私は、基本的にモノグサですから・・・(笑)



04_20170204201224de0.jpg
 そろそろ、河津桜が咲き始めてました。



05_201702042012260f0.jpg
 この淡いピンク色は、出すのが難しく、さすがに露出補正を何度か調節して撮りました。
パソコン画面で、うまく写ってるかな~?




06_20170204201248dad.jpg
 アトムのダイエットのため、海にも行きました。
以前は、調子に乗って、アトムを走らせていましたが、
ヘルニアが再発することがあるので、今は、やめています。

 アトムの頭の上に、うっすらと富士山が写っています。



07_20170204201249eca.jpg
 夕方のお散歩です。
ホワイトバランスは、オートにしていますが、
ちゃんと、夕方の色で写っています(笑)



08_20170204201251d6b.jpg
 アトムと私が一緒に写る写真は無いので、たまに影を撮ります。




※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2017.02.05 / Top↑
01_20170121193450539.jpg
 今回ご紹介するデジカメは、富士Finepix F30 です。

 2005年5月発売され、コンセプトは、先代のF11とほとんど同じで、
超高感度の普及機です。

 画角は、36-108ミリ相当の3倍ズームレンズで、F10から、
変わっていません。



02_201701211934525fe.jpg
 高感度撮影は、F30では、フルサイズで、ISO1600まで、
オートで撮影できるまでになりました。

 CCDは、1/1.7インチとかなり大きく、
それに、630万画素(実際は300万画素)と、
かなり余裕がある設計です。

 この後継機のF31fdは、F30に顔認識機能を追加した機種ですが、
その後継のF40fdは、高画素化を行い、暗所性能を落としています。



03_2017012119345326e.jpg
 大きなバッテリー(NP-95/DB-90:1500mA)を搭載し、
500枚以上の撮影枚数を誇ってました。

 しかし、現在使うには、メモリーのXDピクチャーカードを手に入れる必要があります。
ここが、一番のネックでしょう。

 描写力も、当時のトップクラスで、
特に肌の色彩表現には定評があり、
暗い場所でも、色彩が失われなかったそうです。

 後継機のF31fdは、伝説的なカメラとして知られていますが、
このF30も、基本性能は、F31fdとほとんど同じで、
顔認識機能が無いだけです。



04_20170121193454bf4.jpg
 36ミリからの3倍ズームなので、汎用性に乏しいですが、
それほど不便でもありません。


05_20170121193456802.jpg
 富士お得意の、クロームモードは、少しケバいですが、
気になる、ぎりぎり手前で抑えられています。


06_20170121193519846.jpg
 マクロは、あまり近くまで寄れませんが、必要十分だと思います。



07_20170121193521186.jpg
 逆光で、難しい写真ですが、かなりきれいに写せました。


08_201701211935221b7.jpg
 確かに、どんな場面でも、なかなか綺麗な色彩に撮れます。
現在でも、色彩の描写力は、通用するかもしれませんが、
当時としては最強の部類だったと思います。


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2017.01.21 / Top↑
01_201701091721415c6.jpg
 Canon Power Shot G11 と同じく、稼働率が高い、お散歩カメラは、
富士 Finepix F770-EXR です。



02_201701091721420f0.jpg
 28mmから、光学20倍!のズームレンズを搭載し、撮る物を選びません。
かなり小型なので、重宝しています。



03_201701091721441eb.jpg
 このEXRモードにすると、かなり多種類なシーンを判断し、
それなりの写真を写してくれます。
(でも、少し明るい場合があるで、Pモードで、露出補正をマイナスにして写したりしてます)



04_2017010917214504c.jpg
 ケースは、カシオのエクシリムのが、サイズが合ったので、
三脚穴の位置を、ドリルで開けなおして使っています。

 このケースは、本革で、なかなか立派です。(ロゴは、ご愛嬌(笑))


05_20170109172147747.jpg
 写るものを選ばない汎用性が、このカメラの魅力です。



06_20170109172213e72.jpg
 お散歩途中で、鳥さんに出会っても・・・
かなりな確率で、ビタっと止めてくれます。



07_2017010917221452c.jpg
 部屋の中でも、ほとんど、このカメラを使っています。



08_20170109172216aba.jpg




09_201701091722176e8.jpg
 露出補正は、もちろん行いますが、
なかなか思ったとおりに写ってくれます。



10_20170109172219ced.jpg
 お月様も、手持ちで、このくらいまでなら写せます。
しかし、この強力なズームレンズは、壊れる確率が高く、
先代のF800は、レンズエラーで、昇天してしまいました。

 でも、中古で安いのがあるので、次も、このシリーズを使おうと思っています。



   第1回EPARKペットライフわんにゃんコスプレフォトコンテストに応募しています!

いつも有難うございます!

まだまだ頑張るアトムに、清き1票を~!

お蔭様で、おもちゃの景品に手が届きそうです!(笑)

1日、1回投票です~。お時間がありましたら、

よろしくお願いします!




※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2017.01.10 / Top↑
01_201701071915103e9.jpg
 メインで使ってる、お散歩カメラのCanon Power Shot G11 です。
とてもレトロなデザインで、私にはしっくりしています。

 かなり大きなカメラですが、ファインダーがあるのがいいですね~(笑)
28mmから、光学5倍のレンズなので、野鳥は撮れないですが、
撮る物が、有る程度決まってる場合は、このカメラを使っています。

(野鳥が撮れる場合は、ズーム比が大きく、手振れ補正が強力な、富士Finepix F770-EXR を使います)





02_20170107191511b48.jpg
 ISO感度と、露出補正が、アナログなダイヤルで設定できます。
これは、良く使うので、非常に便利です。


03_20170107191513e61.jpg
 純正の皮ケースも、なかなか良い出来です。
発売当時のユーザーのコメントを見ると、かなりな方が、このケースを買ったみたいです。
皮の状態も良く、しなやかな皮を使っています。

(皮の手入れには、ミンクオイルを薄く塗っています。
 ミンクオイルを使う場合は、塗ったか塗らないか、解らないくらいに薄く塗るのがミソです。
 ベタベタするまで塗ると、皮が呼吸できなくなり、死んでしまいます。皮も生きているのです。)





04_20170107191514bfd.jpg
 今日は、G11を持って、青葉の森公園にお散歩です。



05_20170107191516a53.jpg
 期待してたのですが、梅は、1分咲きくらいしか、咲いていませんでした。



06_20170107191539f68.jpg
 ソシンロウバイも、まだまだ、これからです。



07_20170107191540bd5.jpg
 ヒメリュウキンカも、まだまだですね~。

※これらのお花は、来週か再来週が見ごろだと思います。



08_201701071915420cf.jpg
 ヒメリュウキンカを撮ってる方がいました。
アトム~、ジャマしちゃダメだよ~!(笑)




   第1回EPARKペットライフわんにゃんコスプレフォトコンテストに応募しています!

いつも有難うございます!

まだまだ頑張るアトムに、清き1票を~!

お蔭様で、おもちゃの景品に手が届きそうです!(笑)

1日、1回投票です~。お時間がありましたら、

よろしくお願いします!




※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2017.01.07 / Top↑
01_20170103220358fa2.jpg
 こんな場所に、綾波 レイが~!(笑)
久しぶりに、魔が差して、富士 Finepix F10 を使いました。

 想像より、良く写ります。
2005年3月発売のカメラで、630万画素しかありませんが、
富士独自のハニカムCCDで、かなりな暗所でも、シャープに写ります。


02_201701032203592f7.jpg




03_20170103220401031.jpg




04_20170103220402db7.jpg
 う~ん、コレだけ写れば、パソコン画面では、今のカメラと区別出来ないな~。
これは、ピント合わせの時間が短くなったF11も買っとくべきか?
ちょっと、考え中です。

 自分で写して、自分で納得してしまうことを、
自家中毒と言ってます(笑)


05_201701032204042da.jpg
 富士 Finepix F10 は、こんなカメラです。
厚みはありますが、かなりコンパクトで、バッテリーの持ちが良いのも美点です。
しかし、メディアが、XDピクチャーカードで、SDカードでないため、
二束三文で売られてる可愛そうなカメラです。


 今日から、お仕事です~・・・
会社行きたくないな~・・・(泣)


※1/4 やはり耐え切れず、富士Finepix F11 を、ヤフーでポチっとしてしまいました~!

  早くも、初せりしてしまいました(笑)



   第1回EPARKペットライフわんにゃんコスプレフォトコンテストに応募しています!

いつも有難うございます!

まだまだ頑張るアトムに、清き1票を~!

お蔭様で、おもちゃの景品に手が届きそうです!(笑)

1日、1回投票です~。お時間がありましたら、

よろしくお願いします!


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2017.01.04 / Top↑