写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_20181224203446d6a.jpg
 土曜日は、某カメラ修理の会の忘年会でした。

いつもの場所に集まって、みなさん、それぞれ修理をしたり、雑談したりしています。


すると、なにやら怪しげなものが・・・・




02_2018122420344745e.jpg
ニコンFに、怪しげなパックが付いてる!




03_20181224203449258.jpg
なにやら、合体ロボのような、エレキなパーツが!(笑)




04_20181224203450410.jpg
この正体は、フィルムカメラをデジカメ化するユニットでした!

ライカMも、デジカメになります!




05_20181224203452c59.jpg
原理は、フィルム面にピントグラス(スクリーン)を当てて、

それを、下のユニットでデジタル画像にするものです。

裏蓋が外せるフィルムカメラで有名なカメラがデジカメに出来ます!


※画質は、ピントグラス経由なので期待できませんが、なかなか楽しいものです。

 アメリカの通販サイトで購入可能です。

 メインユニットが約300ドル、カメラ別のパーツが70~80ドルくらいでした。





06_2018122420345484d.jpg
忘年会に備えて、フィルムカメラを持参した方がいらっしゃいました。

ニコンSシリーズ、Fシリーズの前の機種で、

外観はコンタックス。シャッターはライカを手本としている名機です。




07_201812242034552bc.jpg
しっかりと、大型のフラッシュユニットで武装しています(笑)




08_20181224203457707.jpg
当時の積層電池は入手できないため、大量のボタン電池を使います!





09_201812242034588e0.jpg
しか~も、フラッシュ玉は、強力なプレス用です!

ガイドナンバーは、現代の大型ストロボを凌駕していました!

※当時のフィルム感度は、ASA32とかなので、このフラッシュは、

 とんでもなく強力です!

 (目が」痛くなります(笑))




10_201812242035008e8.jpg
さて、忘年会は、いつもの中華で、食べ放題・飲み放題で、

1人、2000円でした。

みなさん、ひたすら食べて・飲んで・しゃべって、楽しい時を過ごしました。


※人迷惑な超強力フラッシュが、閃光しまくって喝采を浴びたのは

  言うまでもありません(笑)


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。



↓「特別な立場」にある人にしか知られていない宿ですが、一般の方でも普通に泊まれる宿です
1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-



2018.12.24 / Top↑