写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_20160730213451d61.jpg
 7月1日に、秋葉原に東京CAMERAと言う、クラッシックカメラ店がオープンしました!
何を隠そう、私が参加してる、カメラ修理の会の大御所が関係しています。



02_20160730213452505.jpg
 お店の中は狭いですが、カメラ差別無く、色々なカメラが並んでいます。
「モルトの交換、いくらですか~?」、「3000円!」と言う言葉が飛び交います。
普通のお店の修理代より、かなり安価です。

 このお店は、店員さん自身が、カメラを分解し、自分で修理した経験を持っています。
カメラの修理屋さんは、探せば見つかるのですが、販売員さんが分解できるお店は少ないと思います。

 もちろん、修理自体は、プロにお任せしています。

 自分で分解・修理したことがあると、修理にかかる費用が、大体見積もれる様になると思います。
店員の大御所は、分解したカメラの数は、1000台は、はるかに越えるでしょうね~・・・
いや、1万台は越えてるな~(笑)

 ここは、修理に力を入れてるので、かなり細かいオーダーも出来ると思います。
例えば、実用で使うので、ファインダーの清掃と、シャッター・巻き上げ系を修理して!とか。


03_2016073021345327a.jpg
 あと、仕入れルートが豊富なので、カメラの機種を特定して、探してもらうとか、出来そうです。

 写真のオリンパスのOMシリーズの、EE連動方式は、確か細いヒモとプーリーで行ってると思いました。
内部構造がわかるのは、修理の見積もりに、かなり有利だと思います。

 その場で、修理代金の概要がわかることは、かなり助かると思います。


04_20160730213454e9c.jpg
 一眼レフのボディのジャンクは、500円です。
これを買って、私が参加してる修理の会に出てみるのも楽しいかもしれません。

 最初は、修理道具は、借りればいいと思います。
分解・修理も、なかなか楽しいものです。



05_20160730213456038.jpg
 古いフィルムも、無造作に置かれていました。
ネオパンSS、さすがに私も名前しか知りません。



06_20160730213523f86.jpg
 何度か、ニコンFを首からぶら下げた女性を見たことがあります。
思わず、ふら~っと付いていきそうになりました(笑)

 今見ても、魅力的です。


07_20160730213525d16.jpg
 ニッカと言うカメラも、かつて存在しました。
レアなカメラを探してもらうのも、いいかもしれません。

 カメラ好きなら、特に買わなくっても、楽しい時をすごせると思います。




<追記:セミの羽化>
08_20160730213526d06.jpg
 毎年恒例の、セミさんの羽化です。



09_2016073021352841d.jpg
 毎年思うのですが、羽化って、大変なことです。



10_201607302135290ee.jpg
 羽化したてのセミさんは、ライトグリーンで、とても美しいと思います。





<<追記>>
11_201608072137220d5.jpg
 暑いですね~。
セミさんも、今がシーズンです。



12_201608072137244e3.jpg
 どんどん羽化して、抜け殻が、ビッシリと付いています。




13_201608072137259e2.jpg
 アトムのお散歩も、午後6時過ぎになりました。
とても日中は、出歩けませんね~。



※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2016.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/1217-50c1dff0