写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

001.jpg
 約3年ほど前、FREUDEさんから、SMC PENTAX 500mm F4.5 を譲っていただきました。

 内部に、かなりカビが生えていたため、
カメラ修理の会で、手伝っていただいて分解・清掃を行いました。


002.jpg
 ほんの少し、カビの痕跡が残りますが、
撮影には支障がないレベルまで回復しました。



003.jpg
 カメラを付けると、その大きさが解ります。堂々としたレンズです。
カメラが付属品に見えます(笑)

 SMC PENTAX 500mm F4.5
 4群4枚構成
 F4.5(マルチコート)
 重量:3,370g

 このレンズは、タクマーの時代から存在し、マウントをKマウントにし、
マルチコーティングを施したレンズです。
はっきりと年代は解りませんが、少なくとも設計は40年以上前、製造は30年以上前の製品だと思います。

 全金属製で、恐ろしくコストがかかったレンズで、
前玉1枚だけでも、当時の値段で2万円したという話も聞きます。


  

004.jpg
 私も、何とか使ってあげようと思いましたが、
なにせ、愛犬とのお散歩写真が主なので、なかなか使ってあげられませんでした。
お月様を撮るのが、精一杯です。



005.jpg
 そんなわけで、同じカメラ修理の会のW氏に、お譲りしました。
もちろん、タダで譲って頂いた物なので、タダでお譲りしました。

 ただし、お譲りする条件としては、「大切にしてくれること」、「出来るなら、撮影に使ってくれること」。
この2点を、お願いしました。

 W氏は、出張などで、撮影できなかったそうで、同じ会のM氏に撮影を依頼したそうです。

 ここからのカワセミの写真は、M氏撮影のものです。



006.jpg
 この時代の超望遠レンズは、現代のレンズと違い、
非球面レンズや。EDレンズは使っていないため、色収差や、
様々な収差(レンズのゆがみ)が出ますが、
かなり絞りを絞ってるのか?
みごとに写しています。
トリミングをしても、綺麗です。



007.jpg
 SMC PENTAX 500mm も、いきなりカワセミ撮影で、緊張してるかな~?(笑)
もしかしたら、全オーナーさんも、こんな写真を撮ってたのかもしれません。




008.jpg
 さすがに、この様な写真は、私には撮れません。
やはり、道具は、使える人が使うべきだと思いました。




009.jpg





010.jpg
 SMC PENTAX 500mm F4.5 、まだまだ当分は、隠居させてもらえそうもありません。
今後も、カメラ好きに、コキ使われることでしょう(笑)


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2016.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/1225-d5361b86