写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

1112300040.jpg
 私がデジカメを購入したのは、Fuji Finepix F-700(600万画素)が最初でした。
それまでは、フィルムカメラを使用していたのですが、
パソコンを購入したため、デジカメも試してみることにしました。
(この機種のみ、新品を買いました。)




2004_1122画像0090
 最初にデジカメを使って驚いたことは、ダイナミックレンジの広さです。
フィルムカメラでは決して写らない、遠くの富士山が、くっきりと撮れてました。




1112300041.jpg
 次に購入したのは、Panasonic DMC-FZ1(200万画素)です。(写真左)
当時のデジイチは高価すぎて、とても購入できませんでしたが、
高倍率ズーム、手ぶれ補正の機種が欲しくなり、知人から3000円で購入しました。

 当時としては、性能も十分で、しばらく愛用していましたが、
後継機種が欲しくなり、Panasonic DMC-FZ5(500万画素)(写真右)の本体のみを、
オークションで4000円で購入しました。(充電器は、FZ1のを使用しています)

 この機種もFZ1と同じく、ミニデジイチの様に可愛く、オールマイティーに使えるので、
手作りの速写ケースに入れて、いまだに愛用しています。

 (このバッテリーは、外から端子が隠れているので、万能充電器が使えません。)




1112300042.jpg
 そのうちに、ポケットに入れられる薄型のFuji Finepix Z1を頂きました。
このカメラも、小さいわりには良く写るので、
後継機のFuji Finepix Z3を、オークションで1000円で購入しました。
Z3の、ストロボ調光は絶品です。マクロ領域まで、ほぼ完璧に調光してくれます。

 このカメラは、撮影とは無関係の場所に行く時、必ずポケットに入れています。
撮りたいなと思う時に、手元にあると便利です。





2011_02160001.jpg
 バッテリーの充電には、この様な万能充電器を使用しています。
バッテリーを挟み、コンセントに差込み、ランプの点滅が終わったら充電完了です。
過充電の心配もありません。
プラス・マイナスの端子は、どちらに繋げても、充電器が勝手に判断してくれます。

 数十回使用していますが、故障も無く、非常に重宝しています。
小型なので、旅行にも便利です。





1112300043.jpg
 そうしてるうちに、やはりデジイチが欲しくなり、
最近、やっとCanon EOS Kiss Digital(初代)(560万画素)を購入しました。
オークションで、レンズ無し・付属品付きで15000円でした。

 レンズは、フィルムカメラのEOS 5のものを使用しています。
また、M42マウントアダプタで、古いレンズを付けて撮っています。

 560万画素でも、私には十分な性能で、いまだに愛用しています。
私は動態撮影を、あまりしないので、当分使い続けると思います。
(デジイチなバッテリーは、容量が大きいので、万能充電器は使えません。
 万能充電器は、2000mAが限度です)




1112300001.jpg
 最近では、Fuji Finepix F200 EXR(1000万画素)を購入しました。
やっと1000万画素に到達しました(笑)

 このカメラは、デジイチのサブカメラとして購入しました。
この機種のEXRオートモードは、楽チンなのですが、
電池の減りが、恐ろしく早いです。

 私は、互換電池4台をローテーションして使ってます。





1112300049.jpg
 最後に、デジカメとパソコンの接続なのですが、
私はマルチカードリーダーを使用しています。

 これ1つで、私が所有するデジカメのメモリカード全てが使えます。
xDカード、CFカード、SDカード・・・機種別にコードを繋げるとしたら、
気が狂いそうになります(笑)

 ホームセンターで、1000円くらいですので、
多機種のデジカメを使用している人には、お奨めです。


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2011.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/145-d97696ef