写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

1112300045.jpg
 コンデジ(コンパクトデジカメ)を選ぶ時、ワイドは○○mmから、
ロングは○○○mmまでと、撮影画角の範囲の広さで選ぶ方が多い様です。

 しかし、実際の撮影では、画角の両端は、めったに使わないと思います。
この画角範囲を実現するために、レンズには大きな負担がかかり、
アクロバチックで無理な設計になってしまいます。
レンズも暗いものになり、ボケ量も小さくなります。

 自動車選びも同じですが、
なんにでも使える車は、言い換えれば、どれもまともに使えない車と言えると思います。

 そこで、このコンバージョンレンズです!








1112300046.jpg
 このコンバージョンレンズは、コンデジのレンズ周囲に、鉄の輪っかのシールを貼り、
使いたい時だけ、コンバージョンレンズを、ペタッとコンデジに張り付けるものです。
コンバージョンレンズの接合部は磁石になっています。

 このコンバージョンレンズは、ワイドからロングまで種類があって、
たまに使う撮影画角をおぎなってくれます。

 もちろん、オートフォーカス・自動露出等は、問題なく使用できます。






画像 001
 例えば、室内で広角が使いたい時、F700の広角は35mm相当ですが、
このコンバージョンレンズ(0.45倍)を使うと、16mm相当の超広角になります。
室内で、撮影距離が取れない時、非常に便利です。
こんなスポーツカーの全景も、楽勝で撮れます。

 お子さんがいらっしゃる場合は、遊園地などの行楽地で重宝すると思います。
50cm離れれば、お子さんと景色の写真が楽勝で撮影できます。





1112300047.jpg
 ご購入の際には、コンデジのレンズ周囲の輪っかの外径・内径を測り、
その範囲の寸法のコンバージュンレンズを選ぶ必要があります。
もし、合わないと、落下する恐れがありますので、ご注意をお願いします。

 当時、子供が小さかったので、特に広角系が大活躍してくれました。
ふだんは、設計に無理がないレンズを使い、いざとなったら、
ポケットからコンバージョンレンズを出して撮影するのはいかがでしょうか?

 いくつかのコンバージョンレンズを掲載します。
ご興味がございましたら、ごらんください。
(ご購入の際には、サイズのご確認をお願いいたします。)

 

※設計にムリが無く、この0.45倍は、お奨めです。
<<ワイド0.45倍:Lサイズ>> ((私が使用しているレンズです))
・装着用の鉄リングの内径23mm、外形27mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。



<<ワイド0.45倍:Sサイズ>>
・装着用の鉄リングの内径17mm、外形21mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。





※少し周辺がゆがむかもしれません。超広角が必要な方には、重宝しそうです。
<<ワイド0.38倍:Lサイズ>>
・装着用の鉄リングの内径23mm、外形27mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。




<<ワイド0.38倍:Sサイズ>>
・装着用の鉄リングの内径17mm、外形21mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。






※今のコンデジ、写りは良いけれど、テレがもう少しあれば!という方にお勧めです。
<<テレ2.0倍:Lサイズ>>
・装着用の鉄リングの内径23mm、外形27mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。






<<テレ2.0倍:Sサイズ>>
・装着用の鉄リングの内径17mm、外形21mmです。
 このリングが、デジカメのレンズ外周に張り付けられれば装着可能です。




※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2011.12.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/147-4c25043f