写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

1205250001_2.jpg
 今回の修理は、ペンタックス(PENTAX)SPのミラーUP不良の修理です。

症状としては、スローシャッターの時、ミラーがUPしたままになる時があります。


1205260010.jpg
 まずは、シャッター先幕・後幕のテンションが低いため、ミラーが戻らないのでは?

と疑って、先幕・後幕のテンションを少しずつ高めてみました。

 画面左部分に、上下に赤いポッチがありますが、

上が先幕、下が後幕のテンション用のネジです。


 いまいち、治らないので、さらに分解することにしました。


1205260012.jpg
 前面の貼り革をはずしたところです。

貼り革は、無水アルコールで、濡らしながら剥がします。



1205260013.jpg
 レンズマウントを外したところです。

レンズマウントと本体の間には、ワッシャーが挟まっているので、

位置と枚数を記録しながら外します。


 この時代のカメラには、ワッシャーの枚数・位置で、クリアランスの調整を

行っているものがありますので、正確に復元しないと、バランスが崩れてしまう場合があります。


 SPOTMATICの文字の下に、セルフタイマーユニットが見えます。

PENTAXの文字の下が、ミラーボックスです。


 可動部分を、リグロインで洗い、スピンドルオイルを注油します。


 ここで、「ミラーボックス、外すのメンドクサイな~」と思って、

もう一度、シャッター幕のテンション調整を行ったら、

なんと、治ってしまいました!(ラッキ~!)


1206030005.jpg
 さて、後は、元通りに組み立てて、光線漏れの対策をします。

モルトが腐っているので、ファインダー下の遮光には、黒い毛糸を使います。


1206030008.jpg
 接着剤を少し付けて、毛糸を埋め込みます。

うまく出来ました。


1206030006.jpg
 次に側面ですが、ここには、植毛紙を貼ります。


1206030007.jpg
 この部分は、植毛紙を使っている場合と、モルトを使っている場合があります。

ここは、簡単に貼れます。


1206030009.jpg
 次に、剥がした貼り革の接着ですが、両面テープを使います。

貼り革の裏面に両面テープを貼り、余った部分をカッターで切り取ります。


 あとは、丁寧に貼り直せば完成です。

(両面テープを貼る前に、接着面をアルコールで良く吹いて、

 油分や汚れをふき取っておくと、良く接着できます)



1206030010.jpg
 やっと完成で~す!

(FUJIFILM FinePix F200 EXR FUJINON ZOOM LENS 6.4-32mm F3.3-F5.1)


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。



↓「特別な立場」にある人にしか知られていない宿ですが、一般の方でも普通に泊まれる宿です
1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-



2012.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/185-29bddc1f