写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

TAMRON 35-80mm F2.8-3.5 [QZ-35M]
1207150103.jpg
 手前が、カビレンズを磨いたTAMRON 35-80mm F2.8-3.5 [QZ-35M] です。

このレンズは、解像度も低いし、ハレーションも出ますが、

かなり強力なマクロ機能があり、お散歩レンズとして重宝しています。

やっと探した2本目のレンズは、カビが生えていたため、カビの除去を試してみました。


こちらが、カビの除去の方法です⇒タムロンTAMRON 35-80mm F2.8-3.5 [QZ-35M]レンズ磨き(2回目)

 それでは、元カビレンズの実写を紹介します。



1207150011.jpg


1207150019.jpg


1207150022.jpg
 ここまでは、曇りだったので、本当に使えるかは、判断できません。


1207150053.jpg


1207150061.jpg


1207150066.jpg
 晴れ間が出てきたので、バシャバシャ写しましたが、心配だったハレーションは、

ほとんど出ませんでした。



1207150067.jpg


1207150068.jpg


1207150081.jpg


1207150082.jpg


1207150093.jpg
 厳密に性能評価すれば、ダメだと思いますが、

実用上は、問題無いと思います。(私的には・・・)

(でも、分解・組立で、レンズのクリアランスが狂ったり、

 コーティングを削ったことで、カラーバランスが狂ったり、

 レンズの曲率が狂ったり、色々な問題は出てると思います。)


 安価なレンズの修理方法としては、かなり効果的な方法ですが、

高価なレンズは、メーカーや、レンズ専門の修理の方にお願いすべきと考えます。


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。



↓「特別な立場」にある人にしか知られていない宿ですが、一般の方でも普通に泊まれる宿です
1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-



2012.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/203-a49ef91e