写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_201312232127370a2.jpg
 この小ささ!恐らく現在でもAF機能を持ったデジカメとしては、最少の部類だと思います。
でも、残念ながら、この個体は、少しフォギーだったので、
CCDとレンズの清掃をすることにしました。



02_20131223212740dce.jpg
 底の4本のビスと、バッテリーの蓋の裏の2本のビスを外し、
注意深く裏蓋を外します。

 デジカメは、ケースの爪で止めている場合がほとんどなので、
ムリに開けると、爪が割れてしまいます。

 そ~っと、だましだまし、力を入れる方向を変えて、
上手く外れる方法を探ります。



03_20131223212744266.jpg
 CCDの基盤は、レンズユニットの上に、2本のビスで止まっていました。
ビスを外し、CCDユニットを持ち上げます。



04_20131223212747721.jpg
 奥にレンズが見えます。
CCDは、四角いガラスに守られています。

 このレンズと、CCDのカバーのガラスを磨きました。
さすがにレンズはばらせません。



<試写>
05_2013122321275036d.jpg
 室内で、愛犬アトムを撮りました。
暗い場所は苦手なカメラなので、こんなところでしょうか?



06_20131223212902273.jpg
 ビオラの白い花も、ハレーションを起こして無いみたいです。
AFは、正常に機能しています。



07_201312232129052d3.jpg


08_20131223212908c98.jpg


09_20131223212911d11.jpg
 もっと晴天の日に撮ってみないと、はっきりと分かりませんが、
クモリによるハレーションは少なくなったみたいです。


 このカメラは、画質より機動力が魅力です。
蓋を開ければ、1秒以内に撮影体制に入れて、
マクロ切り替え操作無しに、AFが使えます。

 露出補正、ホワイトバランス、ISO設定などは、一切なく、
フルオートのみです。
(シーンセレクトとかは付いてます)

 現代の技術で作れば、女性のペンダント位の大きさに出来そうですが、
なかなかメーカーさんでは作ってくれませんね~。


(SONY Cyber Shot DSC-U10 AUTO MACRO AF f=5.0mm f2.8)


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2013.12.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/685-3d95ec94