写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_20140713012712487.jpg
 今週のカメラは、FUJIFILM FinePix 4700Z です。
私のデジカメでは最古の、2000年3月発売の機種です。
寝坊をして、他のカメラのバッテリーを充電する時間が無かったので、
単三を使うこの機種にしました(笑)

 メモリーは、スマメ(スマートメディア)を使います。
128MBのスマメに、最高画質(200万画素)の画像が70枚入ります。

 うわさでは、電池バカ喰いとのことでしたが、エネループを常備してるので、
問題はありません。
スマメも売るほど持ってます(笑)



02_20140713012713e44.jpg
 富士フィルムの高級レンズには、EBCの名が入ってます。
このレンズにも、EBCの名が付いています。
(名板には表示していませんが、発売時のプレスリリースにはEBCと発表されています)

 EBCとは、コーティングの名称で、
数層の反射防止膜を真空蒸着した高級レンズにだけ、EBCの名が付けられます。



03_2014071301271511a.jpg
 裏も、メカメカしくて、気に入ってます。
丸いのは、情報を表示する液晶です。

 このカメラの弱点は、マクロが20Cmまでしか寄れないことと、
露出補正するため、M(マニュアル)モードにすると、
メモリーに書きこむかどうか?いちいち聞いてくることです(笑)



04_20140713012716fc8.jpg
 では、撮ってみましょう!

 シールは、中古で買ったときからの物です。
確か、ポストペットのモモちゃんでしたか?(笑)
可愛いので、そのままにしています。



05_2014071301271809c.jpg



06_2014071301274866c.jpg
 やはり、マクロは弱いです。
これで、精一杯ですね~。



07_20140713012749b16.jpg
 昨日は暑かったので、日陰が沢山ある、香澄公園に行きました。
ピントが甘いのは、通常モードにしたからかな~?
通常モードでは、最短は80Cmまでです。



08_20140713012752f16.jpg
 これも、少しピントが甘いです。
通常モードとマクロモードを、80Cmで上手に切り替えるには、慣れが必要です。



09_20140713012752e23.jpg
 うまく切り替えてあげれば、ピントは良いみたいです。


10_201407130127549cd.jpg
 それと、ISO感度は、200、400、800の3種類です。
最低感度が200は、この時代では、異常な高感度です。
他のカメラが50位いの時代ですから・・・

 富士フィルムは、このころから、ハニカム構造の独自CCDを製造してて、
高感度には自信を持っていました。


(FUJIFILM FinePix 4700Z SUPER EBC FUJINON ZOOM LENS 8.3-24.9mm F2.8-4.5)



<<追記>>
 この時代のフジのカメラは、色が良いと評判でしたが、当然と思います。
フジは、DPE時代の自動プリント装置で、
現在の画像処理エンジンの様なシステムを開発していたのでしょう。

 さまざまな条件のフィルムから、最適な設定で自動でプリントする・・・
まさに、画像処理エンジンそのものだと思います。

 化粧品は、フィルムの微粒子化技術の転用でしょう。

 この会社の強みは、今まで培った技術を否定しないで、
別の分野に応用できることだと思います。
私の好きなメーカーの一つです。


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。






2014.07.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://atomu201133.blog.fc2.com/tb.php/886-fc44709c