写真生活の楽しみ方を、いろいろと模索しています。写真道楽のヒントになっていただけたら、幸いです。

01_20180203202423f6e.jpg
 大昔のフィルム時代のレンズを引っ張り出してみました。
このレンズは、Canon EF 50mm F1.8 Ⅱで、1990年12月発売のレンズです。

 確か、EOS 5と同時に新品で買った気がします。
当時の価格は、レンズフードと、取り付けリングを合わせて、
1万5,6千円くらいだったと思います。

 非常にチープな作りで、プラスチッキーで、
レンズ先端がグラグラしていました。

 店員さんに「レンズの先端がグラグラしてるんですけど~?」と尋ねたら、
「このレンズは、そういうものです!」と即答されました(笑)




02_201802032024254a1.jpg
 この、情けなさ・・・(笑)

 でも、この情けないレンズを発売してしまうのが、Canonの強さだと思います。
Nikonだったら、とても売り出さなかったでしょう。

 有る意味、Canonのプライドの無さと強さ、
Nikonのプライドの高さと限界を象徴するレンズだと思います。




03_201802032024261a2.jpg
 さて、写りですが、
生憎の曇りですが、絞り開放から、問題無く使えます。

 デジタル非対応ですが、50mmくらいの焦点距離で、
アクロバチックな設計はされていないので、問題無く使えます。
露出補正も必要ありません。




04_2018020320242744b.jpg
 マクロ機構が無いので、この程度の近距離しか写せません。



05_20180203202429f41.jpg
 色の出方も、値段の割りには、しっかりしています。



06_201802032024306c4.jpg
 意外とシャープに写るし、APS-Cだと、80mm相当なので、
ポートレートレンズにも使えます。

 レンズフードは、専用のリングを介して接続しますので、少し面倒ですが、
中古でもかなりな価格で売られています。

 大口径とは言えませんが、手軽な短焦点入門レンズとしては、
満点だと思います。




※追記(ブログ、不定期更新にすることにしました・・・)

  色々と忙しくなって、週いちの更新も難しくなってきました・・・

  残念ですが、しばらくは不定期更新(月いちくらいかな~?)にさせていただきます。

  あ、みなさんのブログには、お邪魔しますよ~(笑)

  アトムの休日のお散歩も、しっかりやるつもりです!






※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。












2018.02.04 / Top↑
01_201801272304429c4.jpg
 またまた、しょ~もないカメラを買ってしまいました。

Panasonic DMC-LC5 です。


 2001年10月発売の400万画素のコンデジです。

外装が異なるカメラをライカにOEM供給しています。
(ライカブランドは、LEICA DIGILUX 1で販売されました)


 中身は、ほとんど同じでも、ライカのバッジが付くと、

価格が数倍に跳ね上がります(笑)

さすがに、かなりコストを掛けて作られた感じがしました。


 レンズキャップが泣かせてくれます(笑)



02_20180127230444af5.jpg
 2001年発売のデジカメにしては、大きな液晶画面を使っています。

ここからも、十分なコストを掛けていることが解ります。

まだ、この時代は、光学式ファインダーが残っていました。




03_20180127230445c80.jpg
 レンズの銘柄は、バリオ ズミクロンです。

ズミクロンと言えば、ライカの銘レンズです。

F2.0-2.5と、かなり明るいレンズを使っています。



04_201801272304472f2.jpg
 しかし、やっぱり大きいカメラです!




05_201801272304482ff.jpg
 写りは、しっとりした感じです。




06_2018012723050420f.jpg
 ズームとかのメカノイズがほとんど無く、やっぱりコストを掛けて作られてます。

ここらへんがライカの意地なんだと思います。



※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。












2018.01.28 / Top↑
01_2018012115420406e.jpg
 カメラの設定や撮り方について、少しまとめてみました。

まずは、新しい中古(笑)カメラを手に入れた場合、始めはフルオートで使ってみます。

これは、その機種が、どういう方針で「絵」を作ってるか?を調べるためと、

フルオートが使い物になるか?を確認するためです。


 私は室内は、光線状態が複雑なのでフルオートで使ってます。

また、イザと言う時に使えるか?この段階で判断します。




02_20180121154205d1e.jpg
 次に、ピクチャーモードを、スタンダード又はナチュラルにして、

コントラストや色の濃さを設定してゆきます。

私の好みは、コントラストは少しマイナスで、色の濃さは、少しプラスにします。

また、暖色系が好みなので、調節できる場合は、色調をマゼンダ寄りに設定します。


 そうして、しばらくP(プログラム)モードで使います。

ワンコ写真が主なので、まずはシャッターを切るのが第一優先です。

撮れる一瞬は、二度と来ませんから・・・



03_20180121154207e43.jpg
 撮り方は、一応構図とかも勉強しましたが、

全くこだわっていません。


 撮る物を決める方法を、言葉にすると、次のようになると思います。

①いいな~と思った物を見つける
②どのアングルで、どういう範囲で、焦点距離はどれくらいか?を想定する
 ※この写真の場合は、黄色いタンポポがいいな~と思ったので、
  ローアングルで、マクロにして、背景にアトムを少し入れて撮りました

 ここらへんは、好みだと思います。


04_20180121154208eb0.jpg
 シャッタースピードや絞りは気にしませんが、一番多用するのは、露出補正です。

例えば、AEでツバキを撮ると、赤い色が飛んでしまいます。

(また、アトムのお顔が黒く潰れたりします。)


05_20180121154210fd8.jpg
 こんな時は、-1.0位に露出補正して撮ると、いい感じになります。




06_201801211542287be.jpg
 風景写真や草花の写真が主の場合は、もっと細かく設定を変えて、じっくり撮ると思いますが、

私の場合は、スナップ写真なので、一瞬を切り取るのに注意しています。

こんな表情は、一瞬だけなんですよ~(笑)


※ボケの量について

  ボケは大好きです!(笑)

 この写真は、全てコンデジ(Canon Power Shot S95)で撮りましたが、

コンデジでも、背景をボケさせることは出来ます。

①マクロにして、お花を撮り、背景との距離が遠い場合はボケます。
  (タンポポの写真です)

②焦点距離を100ミリほどにして、撮影対象までの距離を短くします。
  背景まで、距離が有る場合は、それなりにボケてくれます。
  (ツバキの写真です)

(広角で、普通に撮ると、のっぺりした写真になります。(橋の上で撮ったアトムの写真です)

※とにかく、シャッターを押さないと写真は始まりません。

  どんな場面でも、沢山の写真を撮ることを、お勧めします!



※1月22日(月) 大雪!

   予想外の大雪で、帰宅時は、バスはおくれるわ電車はとまるわで、

  家に着いたのが23:00を過ぎてました。

  せっかくの大雪でしたが、全く写真が撮れませんでした~!(泣)


※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。












2018.01.21 / Top↑
01_201801131817430c3.jpg
 土曜日は、お昼ごろから稲毛海浜公園に行きました。

海は穏やかで風も無いのですが、やはり寒い!


 EOS 30Dに、TAMRON 35-80mm F2.8-3.5 [QZ-35M] で撮ってます。

1978年(40年前!)のレンズなので、もちろんデジタル非対応!

EOSの露出計が不安定で、かなりマイナス補正してもプラスになります。

でも、マイナスになるよりい~か?(笑)





02_20180113181744c52.jpg
 稲毛海浜海岸から海岸に向かう道で、海の直前に、ナゾのキンカンが成っています。




03_2018011318174699f.jpg
 去年の5月に、初めて発見しました。

shinさんから、フクギの実と教えていただきましたが、なぜに1月に実が成る???

ナゾは深まります。




04_20180113181747901.jpg
 フクギについて調べると、どうやら沖縄では、防風林の並木に使われるポピュラーな木みたいです。

確かに、ここは海の近くですが、沖縄より寒いと思います(笑)




05_20180113181749b45.jpg
 フクギの実が落ちてたので、アップで撮ってみました。

やっぱり、キンカンにしか見えません(笑)


 沖縄では、コウモリが食べるそうですが、コウモリはいないしな~?

ナゾは深まります。


<<追記>>早咲きの梅が咲いていました!
2018_0113_30D_QZ-35M_稲毛海浜公園_0008
 いくら寒くても、お花はちゃんと咲いてくれます。

この梅は、いつも一番初めに咲きます。








<<追記:ご参考までに>>写真上達のDVD教材
カメラ初心者が2時間でプロ級の写真を撮れる!30年以上活躍を続けるプロカメラマン《須貝晋一朗の即効写真塾PLUS》

 ネットサーフィンをしてて、かなり面白そうな、写真のDVD教材を見つけました。

プロカメラマン歴30年の須貝晋一朗氏が作ったDVD教材で、内容が独特です。

要約すると・・・

1.機材やテクニックは、必要最小限でOK
  (私も同感です)
2.一番大切なのは、プロカメラマンの目線を理解すること
  (確かに、プロカメラマンの方は、スマホで撮っても、写真作品になってます!)
3.普段の生活を、プロカメラマンの目線で見る練習をすること
  (確かに、この方法だと、通勤でも、カメラが無くても写真の練習ができると思います)
4.写真を撮る楽しみがずっとなくならない考え方
  (深いな~、こういった内容は、読んだことがありません)

 ※販売用のホームページの説明には、露出・絞り・シャッタースピード・・・等の写真用語は
   いっさい使われていませんでした!

   写真のテクニックや、カメラ・レンズの種類や機能の本は、クサルほど読んでるのですが、
   こうした、プロの目線の本は見たことがありません。

   写真って、結局は現実世界を四角に切り取る芸術ではないか?と最近は考えています。
   この教材には、もしかしたら、
   その「切り取り方」の方針なり主義なりが書かれているのかもしれません。

   価格は、9,800円、EOS 30Dを思い切って5,000円で買った私には高価ですが、
   お金に余裕が出来たら、買おうかな?と思っています。

   忘れるので、ブログにメモっときました。

   (万一、買ってみようかな~?と言う方は、買ったら内容を教えて下さいね~!(笑))
  

※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。












2018.01.14 / Top↑
01_20180107175326485.jpg
 久しぶりに、青葉の森公園に行きました。



02_20180107175328581.jpg
 コブシのつぼみが膨らんできています。




03_2018010717532967c.jpg
 梅は、まだまだですね~。





04_20180107175331617.jpg
 ヒメリュウキンカも咲き出しました。

池の端の湿地帯に咲いています。



05_201801071753321a9.jpg
 アトムも寒そうだったので、お昼近くのお散歩になりました。



※トップページ(メニュー)を作成しました。
 よろしかったら、どうぞお楽しみ下さい。
 =><トップページ(メニュー)>


カメラ ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
よろしくお願い致します。












2018.01.08 / Top↑